忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「社会を明るくする為の一環として開催した」
今回熊本矯正展の統括を勤められた平田さんが仰られた言葉です。

この様な社会貢献活動の一環として、私達はダンスを通し社会へ対し何を伝えられたでしょうか?
私達の住む世界と別の世界を隔てる、高く大きく聳え立つ壁を背に、何を想い何を感じましたでしょうか?



大変な罪を犯してしまった人から、大切なものを守る為どうしようもない状況から罪を犯してしまった人、故意では無い些細なミスから過ちを犯してしまった人。
そこには様々な理由を持って壁で隔てた別世界で罪を償っている人々がいます。
ただ、罪を犯す為に生まれてきた人はいません。
成長して行く上での 家庭・学校・社会 小さな環境から大きな環境、自分を取り巻くすべてのものによって様々な結果が生まれると思います。
自分流の我の生き方の為に、欲望のままに「犯罪」が生まれ、
共に生活をする為に、人を思いやる事で「協調」が生まれ。
すべては人と人との繋がりだと・・・

私達B-P.zy!はダンスを通して人と人との繋がりを大切にし、日々の練習や一つ一つのステージに当たっています。
今回のJr.の作品、10人20人で一つの作品を作り上げる為、一人一人が他人を思いやる心が生まれています。
小さなステージだったので、移動で体がぶつかってしまっても、そこに思いやりの心があるので譲り合い、お互いに意見を出し合い、調和していく。


親子HIPHOPも同じです。
今回初ステージにも関わらず、それぞれの親子・家族のお互いを協調しあった本当にカッコいい・可愛いステージでした。


曲数が多く着替えが大変な子もいました、そこでも思いやりの気持ちがあるからこそ手伝いに走る子もいました。
衣装が取れかかったKidsの面倒を見る大人メンバーさん。
出番間近で集中したいはずなのに、こうやって面倒を見て助け合っている姿を見て本当にB-P.zy!は家族の様だと。


 
集合前にもお客様が多く駐車場が少ない状況で車の誘導を手伝って下さり、Jr.・Teenを手拍子で盛り上げて下さり、大人メンバーの協力があってこその成功だったと思います。

 

10人20人が気持ちを合わせて踊る姿だけではなく、ステージ上や裏舞台のふとした所で垣間見える思いやりの心がまた人を感動させる、人の心を動かす事に繋がっていくと思います。
この様に思いやりの心をB-P.zy!で学び、学校でのいじめや喧嘩を止めに入れる勇気を持って行動していければ、大人になり社会に出た時に犯罪を止め、加害者・被害者共に助けられる人間になって行くと信じています。


また、指導していく立場ではありますが、子供達から学ぶ事も数多くあります。
今回控え室が別の出演者の方々と合同でした。
B-P.zy!メンバーだけで50名程、かなりの人数が一つの玄関で出入りしなくてはいけない為、控え室の玄関にはかなりの数の靴が散乱していました。
その散乱した靴を一つ一つ丁寧に並べてくれるKidsがいました。
出演間近でステージへ行かなくてはいけないのにも関わらず、自分を犠牲にして、他人の為に靴を並べる。
本人達は気づいてはいないと思いますが、自然と出来ている。
本当に素晴らしいと思います。
そのKidsの姿を見て、ある出演者の方が声をかけてくれました。
「小さいのに本当にしっかりしているね、私達も見習わなきゃ」と。
靴を並べるという本当に些細な事ですが、この様に一人の人間の心を動かす事が出来ます。
まだまだ規模が小さいですが、人を思いやるという気持ちのまま、この子達が成長して行ってくれたら社会は本当に大きく変わっていくと思います。
そして子供達の笑顔で社会を明るく照らして行ってもらいたいです。
この先の未来を担って行く子供達への教育こそが社会貢献に繋がると信じています。
これからどこまででも大きく成長出来る子供達をB-P.zy!スタッフ・大人メンバー一丸となり、もう一つの家族となって見守って行ける様、私達も一緒に成長して行きたいと思います。


この度は、この様に様々な事に気づき成長出来る素晴らしい舞台に立て、本当に感謝しております。
矯正展は、刑務所・少年院などに収容されている人達の改善更生の過程を広く知ってもらう為、昭和34年から東京で「全国矯正展」として毎年6月に開催されており、現在では日本各地で行われています。
全国矯正展は今年で50年目を迎える、歴史のある活動です。
その活動にダンスを通し携わらせて頂き、本当に勉強になりました。

最後に、ステージに一緒に立ってくれたダンサー・応援して下さった保護者の方々・裏でお手伝いして下さった矯正展の方々、そして成長の場を与えて下さったMayumi先生へ感謝の気持ちを残して、初Blogを締めたいと思います。

ありがとう御座いました。

From Shin

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 子供の成長
k-oneと申します。矯正展の親子ヒップホップに出させていただきました。
元B-boyである…と言ってしまえば一人しか居ませんのでお分かりでしょう(笑)。

このステージに向けて私ともども家族が大変お世話になりました。
娘に
「大勢で一つのものを作り上げる難しさ。」
「そこに産まれる一人一人の責任の重さ。」
「一つの作品をが出来上がる事のうれしさ・やりがい。」
それらを学ぶにはダンスは最高のカルチャーであると考えていました。

ある日B-Pzyのことを知り、「ここなら娘を任せられる。」と思いました。

さらに昨夜のパーティーでも、良い経験をさせていただきました。娘も大きく成長したと思います。
ありがとうございました。

皆様、昨夜は本当にお疲れ様でした。
きっとお疲れの事でしょう。
寒くなってまいりました。ダンサーにとって体は資本です。体調を崩されませんよう残り少ない今年をお過ごし下さい。

次のレッスンが楽しみです。今後もよろしくお願いいたします。

B-BOY k-one
k-one 2008/12/08(Mon)12:21:50 編集
» 親子HIPHOP
K-ONEさんコメントありがとうございます。
読ませて頂きました。
うれしかったです。
自分達インストラクターも日々、ダンスを通して何を伝えれるか??
と考えています。
今回親子HIPHOPを半分担当させてもらいまいた。やりがいがあり、すごく楽しかったです。

親子の絆が見えるってことは、本当にすばらしいことだと感じた今回でした。

今後もダンスを通して、自分自身勉強し、そしてお手伝いが出来ればと思っています。

ありがとうございます。
charlie 2008/12/11(Thu)18:08:30 編集
» ありがとうございます
温かいメッセージを頂き、本当嬉しかったです!
私はレッスンの度に、親子皆様方からPowerをもらい、また家族の絆を強く感じながら、温かい雰囲気の中で前に立たせていただくことを、いつも光栄に思っています!また親としてのあり方、接し方を目の当たりにして、同じ立場として子育ての大切さを痛感しております!
今後も親子の温かい雰囲気、強い絆をdanceで豊かに表現しながら、世情を明るく活気づけていけたらと思っています!また親子皆様方が、心身共に健やかに豊かに楽しまれるように、私もまだまだ未熟ですが、充実したレッスンになるように努めていきたいと思います!

今後とも、親子Hクラスをぐんと引っ張って、大活躍されることを期待しております!

単身でお疲れのことと察します!週末はご家族で充分幸せな一時を過ごされてくださいね!貴重な週末のお時間を、レッスンに費やして下さり本当ありがとうございます!
これからも、親子共々宜しくお願いします!!
山下洋子
YOKO 2008/12/17(Wed)18:38:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
ハンドルネーム:
B-P.zy! Dance Company
自己紹介:
熊本市九品寺にあるダンススクール
『B-P.zy! Dance Company』
JAZZ、HIPHOPはもちろん、Old Skool~最新STYLE HIPHOPにK-POPまで!! 子供から大人までダンスを楽しんで頂けるアットホームなスタジオです♪
カウンター
最新CM
[10/03 名無しの権兵衛さん]
[06/13 Emi]
[06/02 ゆき]
[06/02 B-BOY k-one]
[05/25 Mayumi]
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]